デージーネットのテレワーク

0

    こんにちは。OSS研究室です!

     

    新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、デージーネットでもテレワークを導入しました。

     

    今回は、

    ・社内・社外の会議をどう実施するか

    ・在宅勤務者の勤務状況をどう把握するか

    という2点のテレワークの課題に対してデージーネットが行った解決策について紹介します。

     

     

     

     

    デージーネットでは、テレワーク導入の課題

    OSSのWEB会議システム「Jitsi」を採用することで解決しました。

     

     

    ▼課題1: 社内・社外の会議をどう実施するか

    まず、外部のユーザも利用することが想定されるため、クラウド上Jitsiを構築しました。

    数あるWEB会議システムの中からJitsiを採用した理由には以下が挙げられます。

     

    ▲ユーザ数による課金がない

    ▲専用ソフトウェアを必要としない

    ▲画面共有ができる

     

    JitsiはOSSのためユーザ数やルーム数ごとの費用がかかりません。

    また、ウェブブラウザから利用できるため、URLにアクセスするだけで会議を行うことができます。

    そのため、WEB会議を行うために専用のソフトウェアをインストールしたり

    事前にユーザ数を調整したりすることなく、スムーズにWEB会議を開始することができます。

     

    さらに、Jitsiには画面共有機能があります。

    Jitsiの画面共有機能を利用すれば、手元に資料がある通常の会議のように

    WEB会議参加者全員が同じ資料を見ながら会議を行うことができます。

     

     

     

    ▼課題2: 在宅勤務者の勤務状況が分からない

    テレワークをしている社員は、いつでも会話できるように常時Jitsiにつないでおく

    というルールを設けることで、勤務状況が分かるようにしました。

     

    常時Jitsiにつないでおくことで、話しかけたいときにすぐに話かけることができ

    在宅勤務による社員の孤立を防ぐこともできます。

     

     

    このように、Jitsiを利用することで

    デージーネットではテレワークを実施することができています。

     

    Jitsiにはこの他にも、 YouTubeの動画を共有できたり、 WEB会議上でチャットを利用することもできます。

     

    今回の新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、

    デージーネットでは最短1週間WEB会議システムを開始できる新サービスも提供開始しました。

     

    詳しくは以下をご覧ください。

    プレスリリース『OSSのWEB会議システムを設置する新サービス』

     

    デージーネットでは、Jitsiを利用した際のデータ通信量を減らす工夫などについても調査し

    Jitsi調査報告書」 をデージーネットのウェブサイトで公開しています 。

    こちらもぜひダウンロードして、お読みください。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM