HAクラスタ管理ウェブインタフェース 〜 Hawk 〜

0
    OSS研究室の大野です。
    今回は、HAクラスタ管理ウェブインタフェースのHawkを紹介します。

    Hawk (HA Web Konsole) はPacemakerを使用して構築したHAクラスタシステムの設定や管理を行うことができるウェブインタフェースです。
    GNU GPL v2のライセンスのもとでオープンソースソフトウェアとして公開されています。

    Hawkは下記の機能を実装しています。
    • クラスタ状態の確認
    • HAクラスタ管理操作(サービス開始/停止、リソースのフェイルオーバー、クラスタノードのスタンバイ/メンテナンス 等)
    • クラスタリソース・制約・クラスタプロパティの設定
    • クラスタの動作やエラーを分析するための履歴エクスプローラ
    HAクラスタの操作は、コマンドラインからCUIのコマンドを使って行うことが一般的ですが、Linuxのコマンド操作に馴染んでいない方にとっては敷居が高いかもしれません。
    ウェブブラウザからHAクラスタの操作ができれば、管理者にとってとても便利で、更に安全に運用を行うことができます。

    こんな時にHawkが便利です。
    日本語にも対応していますので、とても使いやすいです。
     
    Hawkの画面イメージを紹介します。
    まずはログイン画面です。



    Hawkは SUSE Linux Enterprise High Availability Extension に採用されていることもあり、SUSEのロゴが表示されます。
    ログインすると以下のような画面が表示されます。



    この状態ページでは、クラスタサービスのフェイルオーバーやクラスタノードのスタンバイ等の操作を行うことができます。
    その他の機能には、ページの左側に配置されているメニューから移動することができます。

    また、アクセス制限の機能を使用すれば、ログインするユーザ毎にアクセス制限を設定することができます。
    例えば
     
    ユーザ名 役割
    hacluster すべての権限
    haoperator クラスタステータスの参照
    リソースのマイグレート操作
    hareadonly クラスタステータスの参照

    のような役割を持ったユーザ設定を行うことも可能です。
    アクセス制限はPacemakerの機能ですが、このアクセス制限機能をHawkと組み合わせて使うことで、より安全で便利なHAクラスタシステムを構築できるでしょう。


    デージーネットでは、Pacemakerを利用したHAクラスタシステムをたくさん構築しています。
    今後は、Hawkを導入することで、より便利なHAクラスタシステムを構築して行きたいと思っています。

    Hawkの調査報告書をデージーネットのウェブサイトで公開しています。
    ぜひダウンロードしてみてください。

    https://www.designet.co.jp/download/

    コメント
    MagLoについて記事がないため、こちらにて失礼します。
    問題があれば適切な場所に移動して下さい。
    MagLoでhtmlメールを送ることは出来るのでしょうか?
    • 2016/06/24 5:53 PM
    現在はhtmlメールを送信することはできませんが、ロードマップには入れております。
    実装しましたら、デージーネットのホームページ等で紹介させて頂きます。
    • OSS研究室 大野
    • 2016/06/26 12:24 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM