メールサーバセキュリティ診断 MSchecker

0

    OSS研究室の大野です。

     

    メールサーバセキュリティ診断サイト MSchecker を立ち上げました。

    1. 下記のフォームからメールアドレスを登録します。
    2. 登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
    3. 確認メールに返信します。(メール本文は必要ありません。)
    4. 登録したメールアドレスに結果ページのURLが記載されたメールが届きます。
    5. 結果ページのURLに接続すると、診断結果を参照することができます。

    メール複製OSS 〜MADAI〜

    0

      OSS研究室の大野です。

      本日はデージーネット社製OSSのMADAIについて紹介いたします。

       

      MADAI(MAil Duplicator At Inbound)は、メールを複製するためのオープンソースソフトウェアです。

      メールサーバに届いたメールを複製して、本来のメールボックスとは別のメールサーバに配送することができます。

      MADAIを使用すれば、無害化を行ったメールをユーザのメールボックスに配送し、オリジナルの手を加えていないメールを管理者だけが閲覧できる保存領域に配送するというようなシステムを構成することができるようになります。


      ISC-DHCPのLDAPバックエンド

      0

        ISC-DHCPのLDAPバックエンドを試してみました!

         

        ISC-DHCPは、オープンソースのDHCPv4/DHCPv6サーバです。

        ISP,学校,企業等でとても広く利用されており、OSSのDHCPサーバのデファクトスタンダードと言えるでしょう。

         

        ISC-DHCPを運用する中で、プロセス再起動にとても時間がかかることがよく問題になります。

        ISC-DHCPはリース情報(貸し出したIPアドレスの情報)をリースファイルに保存します。再起動時には、保存されているリースファイルを読み込むのですが、リースファイルに大量のリース情報が保存されていると、起動にとても時間がかかってしまいます。再起動中はDHCPサービスを停止することになり、なんとかできないかというご相談をよく聞きます。

         

        そこでISC-DHCPにLDAPバックエンドの機能を試してみることにしました。


        統計情報収集ツール collectd

        0

          OSS研究室の大野です。

          collectdについて調査・検証を行いました。

           

          collectdはシステムの統計情報を収集して保存するためのツールです。

           

          主要なLinuxディストリビューションではsysstatというツールを使用することができます。

          sysstatパッケージを導入すると、CPU使用率やロードアベレージ等をテキストベースのコマンドで参照することができます。

          collectdはsysstatと似たことを実装していますが、sysstatとは異なりグラフで統計情報を参照することができます。

           

          また、Linuxシステムの基本的な統計情報だけではなく、Apache、MySQL、PostgreSQLのようなアプリケーショに特化した統計情報を収集してグラフ表示することもできます。

          最近、OSS研究室が力を入れているPowerDNSの統計情報も収集することができます!

           

          collectdが収集する項目はプラグインプログラムとして提供されています。標準でも100以上のプラグインが添付されており、いろいろなアプリケーションの統計情報を収集することができるようになっています。

           

          collectdで収集できる統計情報をいくつか紹介いたします。

           


          PostgreSQLの外部データベース接続 〜 postgresql_fdw 〜

          0

            OSS研究室の倉田です。

             

            今回は、PostgreSQLの外部データベース接続を行えるモジュールFDWについて調査しました。

            PostgreSQLには、9.1のバージョンからFDW機能が利用できます。
            FDWとは、Foreign Data Wrapperの略称で、PostgreSQLのFDW機能とFDWモジュールを組み合わせて利用します。
            外部に存在するデータベースをあたかも内部のデータベースのように扱うことができます。

             

            続きを読む >>

            | 1/7PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode